2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

次回の日記 | PAGE-SELECT | 前回の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

なんか違和感

(このブログは、パグの「きゅろすけ(黒)」「たくのすけ(フォーン)」の日記です)

こんばんは。

通勤途中、重そうなランドセルをしょった低学年の小学生が
すでにおっさん並みに疲れた顔をしているので
「がんばれよ」と声をかけたいけど、本当に声をかけてしまうと
お縄を頂戴してしまうので、心の中でエールを送るおとーしゃんです。

さて、我が家のきゅろすけさん。

190922-01
きゅろ「あ、どうも。こんなところでくつろいでます」

右の後ろ脚の指の間にできものができてしまい、
昨日の夕方仕事から帰って病院に連れて行ってきました。

190922-02
(画像をクリックすると大きくなります)

数日前まではいままでできたことがある程度の小さなものだったのに
ここ2日間くらいで一気に大きく。
どうやら少し舐めてしまったようですね。

ちなみに、散歩とか普段の生活にはまったく影響なく
普通に歩いてます。

で、今回はいつも行っている病院ではなくて、
家から最も近い病院に行ってみました。
(いままでのところは車で1時間弱かかる)

わしの知り合いの方も行っているようで、
それなりにいいよと聞いたし、今度のことを考えると
できるだけ近くにかかりつけがあったほうがいいかなと思いまして。

で、今日もきゅろすけもハイテンション!
いつも以上にハイテンション!

診察室もいつもと違うのがわかっているんでしょう。
すでに落ち着きなし。

診察台にあがってさらにワンランク上のハイテンション・・・。
そしてできものの細胞をとるために注射針を使うときは
まあ暴れる暴れる・・・。

その後、せっかく巻いてもらったバンテージも待合室で待ってる間に
すぐにとれるし、ほかのワンちゃんも見て興奮するし。
なだめすかすのに大変でしたよ・・・・。

で、診察結果なんですが
「できものには外的要因(細菌が入る)のと内的要因(腫瘍)があるらしく、
今回のケースは内的要因が疑われます。
ただ今回は細胞のサンプルを一角度しからしか取れていないので
はっきり断言はできません。
なので、抗生物質ですこし様子を見て、その後また診察させてください。
場合によっては積極的に切除することも考えてみてください」と。

わしは「はぁ、そうですか」と言ってばかりでしたね。
なんでかというと、いままでの先生はできるだけ「手術は回避する」感じだったのに
今度の先生は「手術を視野に」って感じだったので
なんか違和感がありまして。

まあ個人的には、どんなに小さなことであってもできるだけメスとかは
使ってほしくないので(麻酔とかもあるし)、抗生物質が効いて
このまま終息していって欲しいなという願望があります。

もし切るような話がでたら、いままでの先生にも診てもらうつもりです。

どうしても、いままでの先生のイメージがあるので
新しい今回の先生が正しいことを言ってるのかもしれないけど
やっぱり「積極的に切ったほうがいいかも」なんて言われると
「え、マジで?」ってなりますね。

うまくわしの心の中を文章に書ききれませんが、
ニュアンス的にわかっていただけるかな・・・・

190922-03
きゅろ「つかれた・・・」(画像で以前撮ったものから)

さすがにずーーっとテンションが高かったのと
診察で疲れたんでしょう、ご飯を食べたらさっさと横になりました。
いつもより一時間くらい早いです・・・。

ほんとお疲れ様でした、きゅろすけさん。
抗生剤が効いて早くよくなるといいね。

では、ちょっとまじめな話が長かったので
病院でのおもしろ話をひとつ。

診察後、待合室で待っていると、
中年女性の方がパピヨンを連れてはいってきました。
そのパピヨンはお母さんの命令をちゃんと聞いて
「はいこっち」と膝を指すと自分でさっとあがり、じっとお座り。
見ていてお利口だなあと思ってしまいました。

「おい、きゅろすけ。お前とは全然違うな・・・」と
きゅろさんに話かけていたんですが
診察室から「次、××さーん、こちらにお願いしまーす」と
先生が言った瞬間です

そのパピヨン、お母さんの膝から飛び降り、
入り口のドアに向けてダッシュ!
ひっぱるお母さん、必死なパピヨン!

はい、逃げました(^-^)

実にお利口さんです。
ちゃーーんと自分の苗字を覚えてるんですから(ノ∀`)アチャー

190922-04

土曜日はちょっと遠出してきます。
なのでコメント返し(いままでの分も含む)が遅れます。すみません!

いくところのヒントは「約10ヶ月半ぶり」。
わかりやすいヒントかもね!

うわ、さっきまで寝てたとはいえ、また寝ておかないと。
ということで寝ます!

(最後まで読んでいただきありがとうございます。
 よろしければ下か右上(オレンジ)のランキングバナーを
 ぽちっとお願いします)


(お知らせ)
パグ仲間のPUG-PUGさんのところでパグの赤ちゃんが生まれてます。
PUG-PUGさんのブログはこちら→「わん・ワン・わん」
赤ちゃんパグ専用のブログはこちら→「子パグ育児日記(まろん編)」
ただいま「イエロー」「ブルー」「くろすけ」の里親を募集してます。
連絡は直接PUG-PUGさんにお願いいたします。
パグをこよなく愛する方の連絡をお待ちしております!

(お知らせ2)
365カレンダー。ただいまパグ パート2目標達成!
ぎりぎり登録された方がたくさん居たようです。
パート2に登録のみなさまおめでとうございました。


にほんブログ村「サブカテゴリー:パグ」に参加しています。
きっちり治してみせると気合まんまんのきゅろすけさんに1クリックを!
(1日1クリックしていただくと、1票入ります)

みなさんのおかげで好調です。
いつもクリックありがとうございます。

こちらはお暇があればお願いします。



(おまけ動画)
特に何か起こるわけではございません。あしからず。





スポンサーサイト

| きゅろすけ | 02:45 | comments:36 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今の小学生は、ほんとおっさんですよ。
特に6年生にもなると、おやじと間違う子すらいます。爆!!

きゅろちゃん、切除しなければいいですね。
先生によって、いろいろなんですよね。
アルバスも今の先生に落ち着くまで、3軒くらい病院にかかったのですが、こちらが聞かないとほとんど説明がない先生。
やたらと薬を出す先生。
少ししかみてくれないのに、診察料が高い!など、いろいろ。

やはり飼い主としては、納得のいく診療を求めますよね。
先生との相性もありますしね・・。
難しいですよね。病院選び・・。

たっくん、コテッと行きましたね~。笑
吹き出しましたよ。
ブ~って言ってるし。爆!!


| ぴょにー | 2007/09/22 07:27 | URL |

ううーん。

針で細胞を検査したんですか?
それは、肥満細胞腫の検査もしたんでしょうね。きっと。
抗生物質だけのお薬ですか?もしかしたら、ステロイドも貰いませんでしたか?

なんだか脅すような感じになっていますが、愛犬フクと同じ病気でないことを願います。

まだきゅろちゃんは、若いから・・・ きっと違うと思うけど。
うちは術後まだ半年しかたっていないから、こういう話には敏感になってしまって・・・ ごめんなさい。

自分の納得がいくドクターが見つかると良いですね。

| 番チョー | 2007/09/22 08:31 | URL |

ホント病院によって診断ってちがいますよね!
ウチのてんも口の所ににきびらしき物が出来た事があったんですが表面がツルっとした感じだし“にきびじゃあないよなぁ”と思いながら近くの2軒の病院に行くと、どちらも軟膏が出て様子を見ましょうと言う診断でした。それでも治る事もなくちょっとずつ大きくなって来たので心配になり友達の友達がいい病院を教えてくれて行ったらやっぱり細胞をとって調べてくれて内的要因の物でした。きゅろちゃんの出来物は同じかどうかわかりませんがうちは抗生剤とホルモン剤を飲んで小さくならなければ手術を・・と言う感じで結局そのまま1ヶ月半位で治りました☆
それなのでやっぱり病院て自分が信用できて納得の行く治療をしてくれる所の方がいいと思います。近くに他にいい病院が見つかるといいですね(^^)
お出かけいってらしゃ~い(*^^*)

| yuri | 2007/09/22 08:39 | URL |

是非、セカンドオピニオンを!

腫瘍ではなくってニキビみたいな物かもしれませんしねえ。きゅろちゃん、検査は痛いかもしれないけれど、前のお医者さんでも見てもらった方が良いですよ!

但し、腫瘍である場合は取った方が良いです。薬で小さくしても薬を止めたらまた大きくなる可能性もありますし、薬も長期服用すると必ず副作用が出ますから。

今日は楽しんできてくださいね!

| kaorin | 2007/09/22 08:49 | URL |

ホント、獣医によって考え方がいろいろで、こっちとしてはどうしていいか迷いますよね~。
私も最初の獣医は結構評判がいいので、信じていたのですが、言われるがままにしていたら、ふぁちまの病気はどんどん悪化したしねえ。
今は新しい獣医(ホメオパシー)を信じていこうと思いますが、この獣医も完璧ではないだろうしね。
最終的には飼い主のインスピレーション…ってことになるのかもね!
今日は遠出?いいな~。楽しんできてね~。

| Kao坊@NZ | 2007/09/22 09:11 | URL |

たぶん、 これは もかさんが よく出来てたのと同じだと思うけど、、、
塗り薬で 治ったよ。 抗生剤もちょっと飲んだかな?

ウチが 今お世話になってる先生だったら、 まず検査しません。
それはそれで 不安なこともあるけど、
逆をいえば 良心的でもあるんですよねー
あちこち 病院行ってみましたが、
切ることを やたら視野に入れたがる先生は、
私は ニガテでした。
パグなのにーと思っちゃいます。

実は 今、 あんちん、おっぱいになんか出来ててねー。
やっぱり検査もナシで、 抗生剤で様子を見てるんだけど、
ほかの病院 行ったほうがいいかなぁ~~~

今日は もしかして・・・♪
いいなぁ~ 楽しんできてね~~(*ゝω・)ノ

| ルリ | 2007/09/22 09:14 | URL |

キュロちゃん、切除にならなければいいですね・・・。
こちらから見れば素人目でしかないですけれど
出来るだけ、負担が少なくて、キュロちゃんの体にとって
リスクが低い治療法がいいですね・・・。
どうか、抗生物質が効きますように☆・。・。

| madoo | 2007/09/22 11:00 | URL |

分かる分かる

私も皆さんと同じく、色んな病院で色んな獣医さんに会いました
結局自分が信頼できるかどうかなんですよね~

今は近くの病院に行きますが、もし大きな病気や手術になったら
迷わず以前の病院に戻ります
セカンドオピニオン、最後の切り札みたいな感じで
遠くの信頼できる先生に出会えた事を感謝しています

きゅろさんも切らずに治ると良いですね
まずはお出かけ行ってらっしゃーい!

| noin | 2007/09/22 13:34 | URL |

きゅろさん、結構大きなのが出来てますね…
見てるほうが痛々しいですね。

獣医さんによって本当に意見って色々ですよね。
犬は言葉が喋れないからその獣医さんの経験と知識と感で病状をあてるんだから、色んな意見が出てくるんでしょうね。

やたらと切りたがる獣医さんか~
フェイフェイが行ってる近所の獣医さんもそんな感じかも。
でも良い先生だから、変えるつもりはないですけどね。
そのおかげでフェイフェイの足の手術も早期治療が出来たわけだし。

やっぱりしげさんと相方さんが一番納得できる獣医さんであることが一番ですよね♪

| ようこ | 2007/09/22 14:47 | URL |

わかりますよ~

うちでもワンコが足を痛めたときがあるのですが
その時が、引っ越したばかりでとっても困りました( ̄ー ̄;)

その時の先生の診断結果は聞いてビックリでした!
「可愛がりすぎると飼い主に心配をかけたくて
ワザとこういう行動をとることがあるんですよ 苦笑」
あまりの面白い診断結果に返す言葉も見つからず
帰りました!笑 ←今だから笑えるんですけどね~

次の日、1時間以上かけて元の病院に連れて行ったら
抗生物質の注射をして3日間ケージで安静という診断だった
んですよ~!
もぅ、あの藪医者絶対許せん!

先生の診察に疑問があるときは何件か
ハシゴして見てもらうのも有りではないかな~
と思いますよ(*^-^*)

| aji-chan | 2007/09/22 15:08 | URL |

良いアドバイスきっといただけますよ。

ひじきも1,2ヶ月前同じ様なものが出来ていましたが、様子を見ている間に治っていきましたね。
はだしで歩いているわけで、何かとがめてしまったのではないでしょうか

そこいらのお医者さんより詳しい今日の訪問先で
きっと良いアドバイスがいただけるのではと思いますが、
難しい病気でないことを心から願っています。

動物の素晴らしい自然治癒力に期待して、
余りいじくらない方が良い事もありますよ、

私は割りと暢気ですので、痛がったり気にしすぎたりしない限り
暫らく様子を見てから、対処することが多いです。


| おばば | 2007/09/22 19:13 | URL |

治るといいな

はじめまして、ほぼ毎日拝見してます!
広島出身なので、広島弁を話すきゅろ&たくちゃんファンです。
うちの子パグも6ヶ月ですが、1ヶ月ほど前に、肩に赤いできものができて、にきびではなく治りが遅く心配しました。
3週間お薬で経過をみて、1cmくらいになってしまい、病院で細胞診断をして、あやしいといわれ、外部に病理検査にだし、結果は幸い悪性ではなく、炎症性肉芽腫か、組織球腫というもので、1-3ヶ月で自然に治る場合が多いというものでした。
針をさしてすぐ小さくなり始め、今はかさぶたが少しになってほぼ治りました。
経過観察中は不安で仕方なかったですが、病名がはっきりするとやはり納得しますよね。
病理検査は針で何箇所かさしたものを出して、切り取ったものではないです。(8000円くらいしましたが)
もちろん、悪いものかどうか分からない状態での手術は気が進みませんよね。
セカンドオピニオンで、より病名をはっきりさせてもらうのも良いと思います。
とにかくお薬の内服だけで治ることを祈ってます!

| don-mama | 2007/09/22 19:21 | URL |

え”~

こんばんは。。。「きゅろちゃん」心配です。。。
しげさん、「小春」どころでは、無かったんですね。。。
心痛お察しいたします。

手術はホンマに避けたいです。。。(今回「小春」は仕方ないですが)
初代「ねね」から、いろんな病院を渡り歩いてきました。
信頼できる獣医さんに出会ったら、めっちゃ安心するし嬉しいですよね。
薬で治って欲しいです。
「きゅろちゃん」が、痛い思いするのも可哀想。。。
早く、早く良くなってね~!!

| ねねパグ | 2007/09/22 20:02 | URL |

家のパグも本日、病院に行きました。
生後一年くらいから
アトピー性皮膚炎
結石
慢性中耳炎
にて毎月、病院通いなんですが
結石は一回は手術にて除去。以後は食事療法で維持。
アトピー性皮膚炎は一日おきのシャンプー、投薬で維持。
問題が中耳炎・・・・・
耳掃除をこまめにしていたのですが
昨日、強烈に耳辺りを泣きながら掻いているので見たら
膿がべっとり。
本日、受診し細菌性の可能性が有るから検査しますとのこと。
検査結果が出るまで抗生剤の投薬が決定。
本当に手間もお金もかかるお姫様パグです。
だからもう1匹を飼いたいのを我慢してきゅろすけ&たくのすけ君を眺めて飼ってる気分を味わっています。
目の前の瀬戸内海で泳がそうと思いましたが耳に水が
入ると厄介なので断念。

きゅろちゃん早く直るといいね。
対岸から祈ってます。

獣医さんにも色々な方がいますが
疑問があればとことん聞ける獣医さんが居れば
いいですね。
家も最初は遠くの獣医さんにかかっていましたが
信頼できる獣医さんを探しあてお世話になっていますよ。


| そら | 2007/09/22 21:32 | URL |

すぐに手術っていうとこはちょっと
不信感をもってしまいますね^_^;
それは、人間の病院もわんこの病院も
同じですよね
なるべく切らない方向で考えてくれる
ところがいいと思いますよね
今までの病院じゃないとのことで
今度はいつものとこで見てもらったら
いいかもですね
薬で落ち着いてくれたらいいですね~
お休みはお出かけですか?
楽しんできてくださいね~♪

| 花火 | 2007/09/22 23:03 | URL |

パグちゃんは麻酔に弱いといわれているので
できたら手術は避けたいですよね。
お薬で治りますように。

きゅろさん、カーテン好きですね(笑)
涼しいのかな。
今日はおでかけなんですね。
またご報告待ってます。

| kuku | 2007/09/23 10:44 | URL |

わかりますよ~。

しげさんの言いたいこと、良くわかりますよ。

わたしも、すぐに手術なんていわれると絶対引いちゃいます。
わつぃが今いっている先生も、あまり手術はしたがらないし、特に黒パグには麻酔をかけることは慎重にって感じだから・・・

それにきゅろさんとおなじようなの、うちの子達も良くなるけど、散歩へ行った後に良く洗って清潔にしてあげると治ることが多いですよ。薬用シャンプーで洗ってあげるともっといいみたい。(そうしろって病院の先生にいわれたんですが・・・)

それから遅くなりましたが、子パグのこと・・・リンクありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

| pug-pug | 2007/09/23 23:03 | URL |

ぴょにーさんへ

 こんばんは。

特に6年生にもなると、おやじと間違う子すらいます。爆!!

 いますね。思わず敬語使うかも??

きゅろちゃん、切除しなければいいですね。

 おかげさまでよくなってきてます!!

こちらが聞かないとほとんど説明がない先生。
やたらと薬を出す先生。
少ししかみてくれないのに、診察料が高い!など、いろいろ。

 ほんといろいろみたいですね。
 診察料は勝手に決めてもいいみたいですしね。

やはり飼い主としては、納得のいく診療を求めますよね。
先生との相性もありますしね・・。
難しいですよね。病院選び・・。

 わしはやっぱり相性かなと。
 なのでやっぱり前の病院の先生って合ってたんだと
 わかりました。(腕がいいとは別で)

たっくん、コテッと行きましたね~。笑
吹き出しましたよ。
ブ~って言ってるし。爆!!

 たくのすけはいつもこんな感じで。
 パタッと倒れます。
 眠いんならさっさと寝ればいいのにね(^-^)

| しげさん | 2007/09/25 00:05 | URL |

番チョーさんへ

 こんばんは。
 コメントありがとうございます。
 おかげさまでよくなってきてます。

針で細胞を検査したんですか?

 はい、注射器のちくっと。

それは、肥満細胞腫の検査もしたんでしょうね。きっと。
抗生物質だけのお薬ですか?もしかしたら、ステロイドも貰いませんでしたか?
 
 薬は抗生物質の一種類だけです。

なんだか脅すような感じになっていますが、愛犬フクと同じ病気でないことを願います。

 まだ再診に行ってませんが、
 ぶつぶつの赤みが引いて、大きさもかなり小さくなって
 きたので大丈夫ではないかと。
 
まだきゅろちゃんは、若いから・・・ きっと違うと思うけど。うちは術後まだ半年しかたっていないから、こういう話には敏感になってしまって・・・ ごめんなさい。

 いえいえ、よくわかりますよ。
 心配していただき本当にありがとうございます。

自分の納得がいくドクターが見つかると良いですね。

 はい!

| しげさん | 2007/09/25 00:21 | URL |

yuriさんへ

こんばんは。

それでも治る事もなくちょっとずつ大きくなって来たので心配になり友達の友達がいい病院を教えてくれて行ったらやっぱり細胞をとって調べてくれて内的要因の物でした。

 そうでしたかぁ。
 ちゃんと診てもらえてよかったですね。

きゅろちゃんの出来物は同じかどうかわかりませんがうちは抗生剤とホルモン剤を飲んで小さくならなければ手術を・・と言う感じで結局そのまま1ヶ月半位で治りました☆

 やっぱり様子見をしたほうがいいみたいですね。
 土曜日に会ったブリーダーさんもそうおっしゃってました。

それなのでやっぱり病院て自分が信用できて納得の行く治療をしてくれる所の方がいいと思います。近くに他にいい病院が見つかるといいですね(^^)

 そうですね。
 まあ急な場合がやっぱり困りますからね。
 でも信頼できなければやっぱり遠くでも行くつもりでは
 います。

お出かけいってらしゃ~い(*^^*)

 UPしていってます。見てくれてますかね?(^-^)

| しげさん | 2007/09/25 01:53 | URL |

kaorinさんへ

こんばんは。

是非、セカンドオピニオンを!

 はい、今回の件でさらに必要かなと思いました。

腫瘍ではなくってニキビみたいな物かもしれませんしねえ。きゅろちゃん、検査は痛いかもしれないけれど、前のお医者さんでも見てもらった方が良いですよ!

 お薬が効いたのかかなり小さくなってきました。
 このままいけそうな感じです。

但し、腫瘍である場合は取った方が良いです。薬で小さくしても薬を止めたらまた大きくなる可能性もありますし、薬も長期服用すると必ず副作用が出ますから。

 薬はあまり長くはしたくないですね。
 ただ今回は切らない方向でいきたいのでもしかしたら
 少しお世話になるかも。

| しげさん | 2007/09/25 02:04 | URL |

kao坊@NZさんへ

 おはようございます。

ホント、獣医によって考え方がいろいろで、こっちとしてはどうしていいか迷いますよね~。

 はい・・・。
 まあ言葉を喋れないから何とでも言えるってところと
 よくわからんってところが混ざるとああなるんでしょうね。

私も最初の獣医は結構評判がいいので、信じていたのですが、言われるがままにしていたら、ふぁちまの病気はどんどん悪化したしねえ。

 ありましたね。
 その医者がその犬種(動物)のことをほんとに理解しているか
 ってところも気になります。

今は新しい獣医(ホメオパシー)を信じていこうと思いますが、この獣医も完璧ではないだろうしね。
最終的には飼い主のインスピレーション…ってことになるのかもね!

 結局は自分で責任を背負うしかないんでしょう。
 しっかり選んでやる必要がありますね。

今日は遠出?いいな~。楽しんできてね~。

 はい、楽しんできました。
 ただいま順次UP中です!

| しげさん | 2007/09/25 08:40 | URL |

ルリさんへ

 おはようございます。

たぶん、 これは もかさんが よく出来てたのと同じだと思うけど、、、 塗り薬で 治ったよ。 抗生剤もちょっと飲んだかな?

 おかげさまで治りはじめてます。
 明らかにできものの大きさが縮みました。

ウチが 今お世話になってる先生だったら、まず検査しません。
それはそれで 不安なこともあるけど、
逆をいえば 良心的でもあるんですよねー

 たぶんわしがいつも行ってた先生も様子見だけかも
 しれません。

あちこち 病院行ってみましたが、
切ることを やたら視野に入れたがる先生は、
私は ニガテでした。
パグなのにーと思っちゃいます。

 はい、なんか切ってしまえばOKってのは
 なんか適当に見えてしまうんですよね。
 (ちゃんと考えてる方ももちろんいるわけですが)

実は 今、 あんちん、おっぱいになんか出来ててねー。
やっぱり検査もナシで、 抗生剤で様子を見てるんだけど、
ほかの病院 行ったほうがいいかなぁ~~~

 あらら、あんちんも・・・。
 どうしたもんかいな?

今日は もしかして・・・♪
いいなぁ~ 楽しんできてね~~(*ゝω・)ノ

 行ってきましたよー。
 わしは行き帰りの運転でヘロヘロになりました!

| しげさん | 2007/09/25 08:44 | URL |

madooさんへ

 おはようございます。

出来るだけ、負担が少なくて、キュロちゃんの体にとって
リスクが低い治療法がいいですね・・・。

 やっぱりそれをできれば優先したいです。
 まあ場合によってはさっと取る必要もあるんでしょうが。

どうか、抗生物質が効きますように☆・。・。

 おかげさまで薬だけで小さくなってきました。
 また経過をUPしますよ!

| しげさん | 2007/09/25 08:46 | URL |

noinさんへ

 おはようございます。

私も皆さんと同じく、色んな病院で色んな獣医さんに会いました
結局自分が信頼できるかどうかなんですよね~

 ほんとそう思います。
 色んな考え方とか持ってるから会わないと苦痛ですよね。

今は近くの病院に行きますが、もし大きな病気や手術になったら
迷わず以前の病院に戻ります

 たぶんわしもそうなるかも。
 ただ以前のところがベストって決め付けるのは
 危ないので今後も要検討ですね。

セカンドオピニオン、最後の切り札みたいな感じで
遠くの信頼できる先生に出会えた事を感謝しています

 よかったですね。うらやましいです。 

きゅろさんも切らずに治ると良いですね

 おかげさまで順調に小さくなってます。
 切ることもないでしょう!!

| しげさん | 2007/09/25 08:49 | URL |

ようこさんへ

 おはようございます。

きゅろさん、結構大きなのが出来てますね…
見てるほうが痛々しいですね。

 でっかいでしょ。
 でも本人には痛みがあまり無かったようです。

犬は言葉が喋れないからその獣医さんの経験と知識と感で病状をあてるんだから、色んな意見が出てくるんでしょうね。

 結局最後は飼い主の勘が鋭くないといけんってこと
 でしょうか。

やたらと切りたがる獣医さんか~
フェイフェイが行ってる近所の獣医さんもそんな感じかも。
でも良い先生だから、変えるつもりはないですけどね。
そのおかげでフェイフェイの足の手術も早期治療が出来たわけだし。

 納得できるかどうかですよね。
 どうしても「え、これで切るの?」って感じがあって
 (もちろん素人目ですが)
 それで切るって言葉を聞くと・・・うーんなんですよ。

やっぱりしげさんと相方さんが一番納得できる獣医さんであることが一番ですよね♪

 きゅろたくが若いうちにいろいろ探しておいて
 やろうと思います。

| しげさん | 2007/09/25 08:52 | URL |

aji-chanさんへ

 おはようございあmす。

その時が、引っ越したばかりでとっても困りました( ̄ー ̄;)

 新しい場所はほんと不安ですね。

「可愛がりすぎると飼い主に心配をかけたくて
ワザとこういう行動をとることがあるんですよ 苦笑」
あまりの面白い診断結果に返す言葉も見つからず
帰りました!笑 ←今だから笑えるんですけどね~

 うーん、カウンセラー気取りでしょうかね・・・(ノ∀`)アチャー
 こんな先生はとっとと辞めてもらいたい。

次の日、1時間以上かけて元の病院に連れて行ったら
抗生物質の注射をして3日間ケージで安静という診断だった
んですよ~! もぅ、あの藪医者絶対許せん!

 適当なことで儲かる商売なんかなあ・・・。
 いやですね。

先生の診察に疑問があるときは何件か
ハシゴして見てもらうのも有りではないかな~
と思いますよ(*^-^*)

 はい、重い診断の時は絶対に
 数件回っておこうと思います。

| しげさん | 2007/09/25 08:55 | URL |

おばばさんへ

 こんにちは。

ひじきも1,2ヶ月前同じ様なものが出来ていましたが、様子を見ている間に治っていきましたね。
はだしで歩いているわけで、何かとがめてしまったのではないでしょうか

 こういうこまごましたものは今後もあるのかなと。
 おかげさまでだいぶよくなってきました。

そこいらのお医者さんより詳しい今日の訪問先で
きっと良いアドバイスがいただけるのではと思いますが、
難しい病気でないことを心から願っています。

 はい、聞いて安心しました。
 やっぱりパグを見てる数が違うので、重みが違いますね。

動物の素晴らしい自然治癒力に期待して、
余りいじくらない方が良い事もありますよ、

 はい、今回は抗生剤に頼りましたが
 普段はできるだけほっておいてます。

私は割りと暢気ですので、痛がったり気にしすぎたりしない限り
暫らく様子を見てから、対処することが多いです。

 うちもできるだけそうしていきたいです。
 あまり大げさにしても対した事ないのが多いので。
 もちろん「やばい」と思ったら速攻病院に行きますよ!

| しげさん | 2007/09/25 12:20 | URL |

don-mamaさんへ

 こんにちは。

はじめまして、ほぼ毎日拝見してます!

 はじめまして!

広島出身なので、広島弁を話すきゅろ&たくちゃんファンです。

 どうもです!!

経過観察中は不安で仕方なかったですが、病名がはっきりするとやはり納得しますよね。

 何かわからん状態ってのは人間でも同じで
 いろいろ考えてしまいますね。

病理検査は針で何箇所かさしたものを出して、
切り取ったものではないです。(8000円くらいしましたが)

 うちは一箇所で1,500円でしたね。

もちろん、悪いものかどうか分からない状態での手術は気が進みませんよね。
セカンドオピニオンで、より病名をはっきりさせてもらうのも良いと思います。
とにかくお薬の内服だけで治ることを祈ってます!

 おかげさまでかなり良くなってきてます。
 抗生剤がうまく効いたようです。
 しっかり治ってほしいですよ。

 今回はコメントありがとうございました。
 今後もよろしくお願いいたします。

| しげさん | 2007/09/25 12:21 | URL |

ねねパグさんへ

 こんにちは。

しげさん、「小春」どころでは、無かったんですね。。。
心痛お察しいたします。

 いえいえ、大騒ぎすることでもありませんでした(^-^)

手術はホンマに避けたいです。。。(今回「小春」は仕方ないですが)

 ほんと不安ですよね。

信頼できる獣医さんに出会ったら、めっちゃ安心するし嬉しいですよね。

 みんなこれに苦労されてますよね。

薬で治って欲しいです。
「きゅろちゃん」が、痛い思いするのも可哀想。。。
早く、早く良くなってね~!!

 ありがとうございます!
 おかげさまでかなり順調です。
 恐らくこのまま治りそう!ヽ(*´∀`)ノ

| しげさん | 2007/09/25 12:21 | URL |

きゅろちゃんの具合はどうですか?
散歩等日常に支障がないのは幸いですよね。
結構動きが活発なパグちゃんが動けないって言うのは
かなりの苦痛のような気がするから。
なるべく早く治るといいですね。

私がいま通っている獣医さんは2軒目です
最初は知人から評判のいい病院ということで教えていただき
通っていたのですが、
悪い先生ではなくむしろ親切丁寧なのですが
すぐに注射を打つ先生で、きっと治療方法なのだとは思うのですが
目の前でいつも注射を打たれるわが子を見ると可哀そうで
いま通っているところに通い始めました。
きっと、相性などがあるのですよね。
これが絶対正解の治療法!っていうのがわからない以上
やはり飼い主である自分が納得し
家族であるパグの負担が最小限であることが一番だと考えるのが我が家の考えです。

きゅろちゃん早く治りますように。
カイカイになったりはしてないのですよね?
傷口を触りませんように。

| ちず | 2007/09/25 14:36 | URL |

そらさんへ

 こんにちは。

家のパグも本日、病院に行きました。
毎月、病院通いなんですが

 うーん、かわいそうですね・・・。

耳掃除をこまめにしていたのですが
昨日、強烈に耳辺りを泣きながら掻いているので見たら
膿がべっとり。

 ありゃりゃ・・・。
 耳が湿るんですかね。気になって仕方ないでしょう・・・。

検査結果が出るまで抗生剤の投薬が決定。
本当に手間もお金もかかるお姫様パグです。

 お姫様、お体をお大事にしてくださいね(^-^)

だからもう1匹を飼いたいのを我慢してきゅろすけ&たくのすけ君を眺めて
飼ってる気分を味わっています。

そうですか、どうもありがとうございます。

目の前の瀬戸内海で泳がそうと思いましたが耳に水が
入ると厄介なので断念。

 耳はやっかいですよね。
 気にしてても病気になるみたいですし。

きゅろちゃん早く直るといいね。
対岸から祈ってます。

 ありがとうございます。
 お陰さまで順調みたいです。
 また画像をUPしますので見てやってください。

家も最初は遠くの獣医さんにかかっていましたが
信頼できる獣医さんを探しあてお世話になっていますよ。

 いいですね。
 うらやましい限り。後は病気が治るだけですね!

| しげさん | 2007/09/25 14:54 | URL |

花火さんへ

 こんにちは。

すぐに手術っていうとこはちょっと
不信感をもってしまいますね^_^;

 ちょっと怖いですもんね。

それは、人間の病院もわんこの病院も
同じですよね

 わし自身だったらできるだけ切りたくないので・・・。

今までの病院じゃないとのことで
今度はいつものとこで見てもらったら
いいかもですね

 はい。ただ遠いので考えていかないといけない部分かと。

薬で落ち着いてくれたらいいですね~

 おかげさまでだいぶいいです。
 治る感じですよ!

お休みはお出かけですか?
楽しんできてくださいね~♪

 しっかり楽しんできましたよー!

| しげさん | 2007/09/25 14:55 | URL |

kukuさんへ

 こんにちは。

パグちゃんは麻酔に弱いといわれているので
できたら手術は避けたいですよね。

 うちの相方もこれが嫌と言ってました。

お薬で治りますように。

 おかげさまでかなり( ̄ー ̄)bグッ!です!!

きゅろさん、カーテン好きですね(笑)
涼しいのかな。

 たまにあそこに座ります。
 風がここちいいのかもしれません。

今日はおでかけなんですね。
またご報告待ってます。

 順次UP中です。
 見てやってくださーい!

| しげさん | 2007/09/25 14:55 | URL |

pug-pugさんへ

 こんにちは。

わたしも、すぐに手術なんていわれると絶対引いちゃいます。

 切らないでいいのも切るってことになりかねないし、
 慎重になってしまいます。

わつぃが今いっている先生も、あまり手術はしたがらないし、
特に黒パグには麻酔をかけることは慎重にって感じだから・・・

 何もないって保証はないですもんね。

散歩へ行った後に良く洗って清潔にしてあげると治ることが多いですよ。
薬用シャンプーで洗ってあげるともっといいみたい。

 はい、それは相談した方にも言われました。
 それと対した事ないだろうと。
 おかげさまでだいぶ良くなってます。

それから遅くなりましたが、子パグのこと・・・
リンクありがとうございます。これからもよろしくお願いします
 
 いい飼い主さんが現れることを願っております。

| しげさん | 2007/09/25 14:56 | URL |

ちずさんへ

 こんばんは。

きゅろちゃんの具合はどうですか?

 おかげさまでもう大丈夫みたいです。
 またちゃんと報告する予定です。

散歩等日常に支障がないのは幸いですよね。

 全然痛みはないようで。

すぐに注射を打つ先生で、きっと治療方法なのだとは思うのですが目の前でいつも注射を打たれるわが子を見ると可哀そうで
いま通っているところに通い始めました。
きっと、相性などがあるのですよね。

 そういうのはやっぱり大切かなと。
 飼い主が安心できないとわんこも安心できませんね。

家族であるパグの負担が最小限であることが一番だと考えるのが我が家の考えです。

 わしも同じ考えです。
 言葉がわからない以上、そういうところ重視に
 してもいいのではないかと。

| しげさん | 2007/09/27 02:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pugpugdamasi.blog95.fc2.com/tb.php/202-510eb225

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。