2008 0112345678910111213141516171819202122232425262728292008 03

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

同じではありません。

(このブログは、パグの「きゅろすけ(黒)」「たくのすけ(フォーン)」の日記です)

おはようございます。

歯ブラシを変えたので最近はより入念な歯磨きをしているおとーしゃんです。
歯がすっきりするとなんだか気分もいいね

ブログコメント遅れについて昨日書きましたら
温かいコメントをいただきましてどうもありがとうございます。
まあ気軽にぼちぼち返していきますね。

(今日の画像は記事とは関係ありません)

さて、既にみなさまも読んでいるかもしれませんが
ちょっと気になる記事を見つけてしまいましたので
今日は一言、二言、三言・・・多いかな?
とにかく書いてみたいと思います。

クローン犬1匹1600万円=韓国で商業化、米女性と初契約
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000101-jij-int


200215-01

最近はクローン牛だとかなんとかで
「ああ、こんな時代が来てしまったんだなあ」とは
思っていましたが、あまり身近なこととは思っていませんでした。
みなさんもそう感じていた方もいたのではないかと思います。


200215-02

でも、この記事はけっこう衝撃的ですね。
あまりにも身近すぎます。


200215-03

まあ、気持ち的にはわからない話でもないです。

でもですね、もしそういう技術が確立されていて
きゅろたくが死んでも、わしはクローンなんか考えませんね。
きゅろたくに失礼な話ですよ。


200215-04

全く同じ性質のパグが生まれてきても、
わしらとの記憶は無いだろうし、
最初から「君はクローンだから前のきゅろたくと一緒だろ?」
みたいな接し方はどんなもんかいなと・・・。

クローンであるかそうでないかは別としても
新しく生まれる命は、違う命として接してあげないと
ほんとうの愛情ってのは生まれないような気がするんですよねえ・・・。

で、仮にクローンを欲しい人が手に入れた犬が
前の犬と違ったとき、その犬はどういうことになるんだろかと
考えると、なんか怖いですよ。


200215-05

まあ、わしがペット的に考えてるからこういう感じになるんですが、
例えば警察犬、麻薬犬、介助犬、盲導犬などで
国などが管理するって話ならちょっと話は違ってくるのかもしれません。

まあ、クローンってのは難しい問題ですよね。
慎重に考えて欲しいもんです。

(最後まで読んでいただきありがとうございます。
 よろしければ下か右上(オレンジ)のランキングバナーを
 ぽちっとお願いします)



にほんブログ村「サブカテゴリー:パグ」に参加しています。
みんなに愛をふりまくきゅろたくに1クリックを!
(1日1クリックしていただくと、1票入ります)

みなさんのおかげで好調です。
いつもクリックありがとうございます。

こちらはお暇があればお願いします。

≫ 続きがあります。

スポンサーサイト

| その他 | 08:49 | comments:36 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。